本島金柑物語

この季節の大好物といえば「金柑」と胸を張って言える米津です。
金柑の独特な甘味と苦みがやみつきになります。もちろん、種も食べますよ。

今回はそんな「金柑」にまつわるお話を紹介します。

Honjima Stand農園の近くに金柑の木があります。
眩しいぐらい綺麗なオレンジ色をしている実。
いつも通る度に、「おいしそう~、、」と思ってました。
日に日に、実がどんどん増えていく一方
気づけば実は木の下にポコポコと落ちていき、枯れていくのも増えていくようになりました。

これはもったいない。と思い、

先日「もしも、金柑をそのまま放置して捨てるのならください!」
と、地主さんのところへ頼みに行きました。

「大量にあるし、1年に2回も実がなる変わった金柑の木だから採ってもいいよ」
島へ帰ってきて16年になる元気なおばあちゃん。が答えてくれました。

はさみを貸してくれて、積み始めて1分。
80歳になるご主人様が出てきて
「俺はな、40歳の頃からIT系の会社に勤めて60歳までずっと会社勤めだったんよ。パソコンに関することだったら何でもできるよ。」
と声をかけてきて、お話が始まりました。

おじいちゃんの若い頃の話。
コンピューターやITについての話。
島のことについて。
奥様のことについて。

金柑を積みながら話すこと1時間。

最後に
「残りの人生、頑張ります!」
と純粋な笑顔で言って帰られました。

この金柑収穫で得られたものは
5㌔ほどの金柑と
生きる元気。

島はいろんな意味で豊かでのんびりとしているな~と思った1時間でした。

今回金柑は
種を取り、大きな鍋でコトコトと煮詰め、コンポートにしました。

こちらは瓶詰めにし、高松で行われるマルシェにて販売いたします。
そのまま食べてもよし。サラダに入れてもいいですね。

〈日時〉3月14日(土) 10:00~17:00

〈場所〉高松サンポート大広場


農園のんびりやってます #1

最近、土いじりにハマっている米津です。
土を見ると幼い頃、泥だんご作りに熱中していたことを思い出します。
いい土を集めては丸め、その上にサラサラな砂をかけては磨き。。
を何回もしていると、キラキラな泥だんごが出来上がります!

そんな想像をしながら農園作業をしている日々です。
時間ができたら本島の土を使って、作ってみたいと思っております。

今回は
Honjima Stand 農園が今、どんな状況かをお届けします。

奥から
・レッドリーフ
・生姜
・長ネギ
・大根“つや風”
・ジャガイモ
・二十日だいこん(ラディッシュ)
・サラダ水菜
・ベビーリーフ
・大根“春まき耐病総太り二号”

と、冬野菜が終わり、春から初夏にかけて収穫できるだろう
野菜の種を植えております。

私たちが農業をしていて一番感動したことは
島の方が温かい!ということ。

農業初心者の私たちに
本島の農家さんが、畝の作り方から種の植え方、育て方などなど
丁寧に教えてくださいました。

そんな師匠の教えを学び
種を植えて1週間した日。

大根“つや風”の種から芽が出ました!!

直径約1mmと、非常に小さい種から芽がでたことに
スタッフ一同感動!

Honjima Standシェフのたいちゃんは
「野菜を美味しく育てるのは難しい、ありがたく料理をしよう!」
と、すがすがしい表情で語ってました。

種を植えて1カ月後。
たくさんの双葉がでてきたので、間引きをしました。

1つのスペースに茎が太いのを2本ぐらい残しておきます。

残念ながら双葉の状態で抜かれた大根の間引き菜たちは
Honjima Standへ持ち帰り、生かしております。

抜きたての間引き菜はシャキシャキしたかいわれ大根みたいで非常においしいですよ。

こちらも食べることができるので
料理のトッピングとして登場するかもです。


また、師匠より、たくさんの大根をいただいたので
本島漁師の奥様直伝“柚子大根”を作ってみました!

短冊切りに切って、酢と砂糖とみりん、そして本島で獲れた柚子をみじん切りにしたものを一緒にいれてつけておくだけ。
丸一日、つけて置くだけで完成!

こうしておくだけで半年ぐらいは持つそうです。
Honjima Standでもカレーのアチャールやお弁当で使っていきたいと
思っております。

その他の野菜も、芽吹いてきている所です。
Honjima Stand 農園では、
一般の方も気軽に農園体験ができる
「収穫体験イベント」も計画しております。

随時、農園情報は公開致します!

【スタッフコラム】#4 ~島ちゃんの自己紹介~

本島に通い始めてから、風邪を全くひかなくなったな~と思う米津です。
自然に囲まれ、よい空気に、おいしい食事。島は最高だなと、つくづく実感します。

今回はHonjima Standを語るには欠かせない存在
“島ちゃん”について、米津目線でご紹介いたします。

▼島ちゃんとは

・本島出身、本島住まい
・中学生の時にたのきんトリオが流行っていた。(マッチが好き)
・猫を溺愛している
・特技は折り紙
・好きな男性のタイプは細マッチョで少し怖げな人
・Honjima Standには、ほぼ毎日在中

島ちゃんは調理師免許を持っていることもあり、シェフの補助を中心にほぼ毎日Honjima Standにいます。毎日、大きな声で「おはようございます!!!」と言うだけで場の空気が明るくなり、いつも和ませてくださいます。

島ちゃんと言えば猫!!
家の中には2匹、外に2匹飼っています。いつも帰宅をすると猫と戯れるのが日課だそうです。しかし、最近は家の中で飼っている猫が脱走をするそう。。。
捕まえようと思っていても、なかなか捕まらず、、、
ただ、島なので数日すれば戻ってくるそうです。平和な島だなと感じます。

また、特技の折り紙はスタッフ一同ビックリ。

子供の頃にした折り紙とはまた違った、くす玉みたいなのを作るのが得意だそうです。テレビを見ながら3時間で60枚使って1つ完成するそうです。
先日、デンマークの学生が本島に来た際、こちらのくす玉をプレゼントしたところ、大変喜ばれました。

島ちゃんは家の近くで小さな畑をやっているという経験を活かし、
今後はHonjima Stand農園のリーダーとしても活躍します。
島ちゃん畑では野菜が大きく育たないので、Honjima Stand農園では大きな野菜を育てたいことが目標の1つだそう。
1時間ずっと畑を耕していても疲れないという体力をもっている島ちゃん。
米津もシェフも 目の玉が飛び出るぐらいビックリです。

Q:島ちゃんから見た本島の魅力は?

A:瀬戸大橋が見えのどかなところかな。あと島でいるとお金を使わないところです。強いて言うなら自動販売機で100円のココアかヨーグルト系のドリンクを買うことぐらいかな。

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。
Honjima Standがオープンをして1年。
2019年は3年に1度開かれるアートの祭典「瀬戸内国際芸術祭」が開催されました。
お越しいただきました皆様、ありがとうございました。お陰様でたくさんの方に訪れていただき、“本島”のことを知っていただけました。

2020年は2年目ということで、様々な企画をご用意しております!
まずは通常営業はお昼のみでしたが、月に1回~2回程度、夜の営業も行っていきます!

記念すべき第1弾は1月11日(土)
※詳細は前回の記事をご覧くださいませ。

その他にも、本島スタンドが東京に出店したり、歓送迎会などの貸切りパーティープランを行ったりなどなど。。。
随時、詳細はこちらのブログにて紹介をします。

また、2020年1月1日にはHonjima Standの前にて
「本島 初日の出を見る会」が実施されました。

お天気に恵まれ、島の方たちと一緒に初日の出を見ることができました。

Honjima Standではこうして
島々に住む方と島々を訪れる方が集まり
一緒に心地よい時間を過ごし、発信や対話の拠点となる場所を目指しています。

そして、お越しくださる皆様が
ゆったりと島時間を楽しんでいただけるよう、スタッフ一同努めてまいります。

本年もどうそよろしくお願い致します。

Honjima Stand 米津


冬の風物詩 ~シェフ便り~

こんにちはHonjima Standの岩井です。
とても寒い冬が今年もやってきましたね。

この季節、悩みが一つありましてそれはコタツが僕の事を手放してくれません。
僕のことを引き留め続けます。そんな関係を続けていると時間はもう7:20。
フェリーの時間まで残りわずか。
毎日急いで突き放すように別れを告げ、家を出ます。
皆さんはどうやってコタツと向き合っているのでしょうか。

コタツといえば冬
冬といえばなんといっても鍋!
大根、水菜、白菜、蕪、柑橘 etc。
どれを入れても絶品。やっぱり旬の食材を食べるのは
最高の贅沢ですよね。

最近のHonjima Standの賄いは
“本島鯛のつみれ鍋”をよくします。
鯛のつみれは漁師さんから小さすぎて売れない鯛などの皮を引き、大きめにみじん切りにしたたまねぎ
椎茸、卵白、塩胡椒とフジカワ果樹園さんのレモンの皮を入れています!

魚なのに臭みはなく
まるで鳥のつみれを食べているかのよう。
じつはこのつみれ鍋。トマト鍋、水炊き、カレー鍋などなど、どんな鍋に入れても美味しい…!

2020年 1月3.4.5日に綾歌のconnectの初売りセールでこちらのつみれを使った北欧のトマトベースの魚介スープ『fisksoppa』を提供します。

是非お試し下さい!お待ちしてます!