本島旬弁当 最終回!

こんにちは。米津です。
本島の旬の幸を詰め込み、丸亀港&児島観光港までお届けするサービス“本島旬弁当”が6月27日(土)で最後となりました。
4月から始まった本島旬弁当。毎回予約をお断りしてしまう方もいらっしゃるほど広まり、県内のみに関わらす、県外の方にもご購入いただきました。ご購入、ご予定していただいた皆様、ありがとうございます。本島旬弁当を通して、本島のことを知っていただき少しでも近くに感じていただけたら幸いです。
今回は、最終回の魅力やシェフの思い、今後の展開などをご紹介していきたいと思います。

前回の本島旬弁当

6月27日(土)のメイン

「最後って何がいいのかな。」「いろんな魚紹介してきたしな~。」
と、皆で悩んだ結果、常連のお客様でもあり、本島の漁師でもあり、本島スタンドの準スタッフである“ツトム”さんが「最後やけん、めで鯛にしたらええやん!」という言葉がきっかけで鯛を使うことにしました。

鯛はシンプルに塩焼きが一番!ということで
今回は40㎝~50㎝ほどの鯛を使った“塩焼き”をします。
なんと!半身でお届けするので非常に大きいです!!!

漁師さんから直接いただいたいので、
たいちゃんシェフが1つ1つ丁寧にさばいております。

あくまでもこちらの鯛はメインであって、
その他にもおかずはたくさんありますよ。

~お品書き~
本島 鯛の塩焼き
本島 蛸とトウモロコシとえだまめのコロッケ
本島 シラスご飯
本島 イカと夏野菜のラタトゥイユ
本島 エビとくるみの飴煮
本島 新玉ねぎのサラダ
島ちゃんのキューちゃん漬け

今まで登場してきたメニューの中から、人気だったものを中心に、非常に豪華なメニューとなっております。

◇たいちゃんシェフから一言

「少しもの悲しく感じておりますが、この本島旬弁当は本島スタンドのスタッフが一丸となって、初めて本島の食材や旬のものを一から考えて作ることができた弁当だったと思います。これからも本島スタンドで様々な活動を行っていきますので、これからもよろしくお願い致します。」

◇引き渡し場所&時間

丸亀港待合所前:15:00~16:10
児島観光港:17:15~17:30

◇ご予約&お問合せ

電話番号:070-2301-5862
InstagramFacebookのDMまで

◇今後の予定

7月から、シェフの気まぐれランチがバージョンアップし、本島の旬の魚を使ったランチが続々と登場します。
また、本島暮らし体験ツアーや、BBQプラン始動などなど
本島で様々な催し物が行われる予定です。
詳細はこちらのブログにて随時情報発信していきます。


やかた船の紹介

こんにちは。米津です。
本島では紫陽花が満開になってきました。6月の風物詩ですね。
紫陽花の色は土の酸度によって変化するみたいなので、
「あぁ~ここは酸性が強いんだな。」とか思いながら花を眺めてます。

今回は本島の宿泊施設の中でも一番オススメな“やかた船”さんについて
ご紹介したいと思っております。

●やかた船とは

伝統的なまち並みが残る“笠島まち並み保存地区”にある宿泊と食事処。

“笠島まち並み保存地区”は香川県で唯一の重要伝統的建造物群保存地区で
北前船で栄えた港町の歴史と文化が残ります。
また宮大工として名をはせた塩飽大工の拠点でもあります。
2019年5月20日、「石の島」の一つとして日本遺産に認定された地区でも一時期有名になりました。


そんな地区の奥に宿を2つ構えている“やかた船”さん。

築140年の古民家は、千石船を模して作られたカーブした土塀が特徴です。
このことがきっかけで「やかた船」という名がつけられたそうです。

昔ながらの座敷でゆっくり過ごすことができ、食事は瀬戸内海の旬の魚料理がいただけます。
また、大きな中庭ではBBQを楽しむこともできます。ちょうど今の時期は紫陽花が満開!

1日1組限定なので贅沢にゆったりと過ごすことができますよ。(ハイシーズンは一部例外があります)

本館では5名様まで(和室3部屋)、別館では10名様まで(和室1部屋、洋室2部屋)ございます。
また、中庭にテントを張って外で寝ることもできるので、学生の方たちは
中庭でBBQをしてそのままテントを張って寝るという使い方をよくしているみたいです。

●料金

▷1泊2食付き
・海鮮料理 10,000円
・BBQセット 8,000円

▷1泊朝食付  5,700円

▷素泊まり  5,000円

●お問合せ

℡:080-3886-9819
MAIL:yakatabune@ml.sw.kansai-bb.jp

※すべて要予約

●本島までのアクセス

・丸亀港(四国・香川県)から

大人 片道 560円/往復1,070円
小人 片道 280円/往復 540円

▷丸亀 牛島 本島
6:10 – 6:45
7:40 – 8:15
10:40 – 11:15
12:10 12:25 12:30
15:30 – 16:05
16:30 – 16:50
16:58 17:03
18:15 – 18:35
20:00 – 20:20

▷本島 牛島 丸亀
6:50 – 7:20
8:30 8:36 8:50
9:40 – 10:10
12:35 – 13:05
14:15 14:21 14:35
16:52 16:57 –
17:10 – 17:40
17:50 – 18:10
19:30 – 19:50

・児島港(本州・岡山)から

大人 片道 650円/往復 1,230円
小人 片道 320円/往復 610円

▷児島  本島
06:25  06:55
09:30  10:00
16:00  16:30
18:30  19:00

▷本島  児島
07:00  07:30
10:05  10:35
16:45  17:15
19:10  19:40

海鮮BBQランチコース 始めました!

こんにちは。米津です。6月もはやくも半分が終わろうとしてます。
梅雨独特のジメジメ感が苦手なので、早く夏にならないかな。と思う今日この頃です。

今回は、夏にピッタリなメニューをご紹介します。

◇海鮮BBQランチコース とは

瀬戸大橋と瀬戸内海を眺めながら
外ゆったりとバーベキューを楽しむプランです。

OFYR(オフィア)という最新BBQキットを使い
シェフがその場で豪快に焼き上げます!
もちろん、一緒に調理や盛り付けをすることができますよ。

食材は本島の魚介や野菜を中心にお届けします。
夏は鯛やタコ、サザエ、運がよければ高級魚の“マナガツオ”も登場するかもです。

※食材の内容は日によって異なる為、詳細はお問合せくださいませ。

◇OFYRとは

オランダ・アムステルダムでヨーロッパの食トレンドを牽引するアウトドアグリルメーカー。
洗練されたデザインと、三ツ星シェフも愛用する本格的な直火グリルとして、
2018年、日本に上陸しました。

森の恵み“薪”で火をおこすので環境にも優しい!
実際に燃え上がる火を眺めているだけでも癒されます。

◇コース内容

・旬の魚介盛り合わせ(鯛・チヌ・イカ・タコ・貝など)
・旬の野菜盛り合わせ
・おにぎりセット
などなど
5,000円(税込)/1人前

◇ドリンク

別途料金でアルコールやソフトドリンクなど約10種類揃えてます。
その他にも、ナチュラルワイン(白/赤)のボトル売りもございますので
ご希望の方は、事前にお問合せください。

ちなみに私のオススメは自家製ジンジャーエール。
生姜と本鷹のピリッとした辛さがやみつきになりますよ!

◇注意事項

・事前予約制の為、ご希望日の5日前までにご連絡ください。
・最小2名から最大10名まで承ります。
・BBQランチの営業時間は11:30~16:00までとなっております
・キャンセルについて、当日のキャンセルは不可(100%)。3日前までにキャンセルもしくは延期のご連絡をいただきますようお願い致します。3日前まではキャンセル料不要です。前日&2日前までは50%の基本料金を頂きます。
・雨天の場合は2日前までに判断し、こちらからキャンセルさせていただく場合がございます。

◇お問合せ

℡:070-2301-5862
または
InstagramFacebookのDMまで

※電話を不在にしている際は、折り返し連絡させていただいております。

Honjima Stand 農園 夏野菜始まってます!

こんにちは。米津です。
6月になり、少しずつ暑くなり扇風機なしでは過ごせない季節になってきましたね。私の場合は扇風機にあたりすぎて、足がよくつる季節になりました。
そんな中、時の流れに身をまかせ、雨や風を受けながらも、日に日に成長している野菜たちがいます。

今回はHonjima Stand農園で育てている夏野菜たちをご紹介します!

①キュウリ

今年は苗から育てようとのことで、高さ約15㎝程の苗を4月下旬に植えました。

少し成長すると、本島では“てぃ”と呼ばれる支柱をし、近くで刈ってきた竹を使い
支えながら育てること約1ヶ月。

1本目のキュウリを収穫することができました!!
私が想像していたより、キュウリって早く成長して早く実がなるんだな。と
驚きました。
次々と新しい実が大きくなってきているところなので、今後は
お弁当やカレーの副菜に付けるなどとして様々なところでお披露目したいと思ってます。

②トマト

苗から育てているのが6本。種から育てているのが20本。
トマトはそのままで食べてもよし!ソースにしてもよし!ということで
たくさん育ててます。

「トマトはあまり水をやってはいけない!」と農園リーダの島ちゃんや、農園の師匠からお言葉をいただき、水をやりたい気持ちを抑え、見守りながら育てること約1カ月。

ようやく、実がつき始めました!!
青くでピカピカと光っているトマトは本当に愛おしい。
ずっと眺めてられます。

また、赤くなるまでは時間がかかりますが
たくさん育てているので、トマトの収穫祭を実施したな。と計画しております。

③ナス

「茄子はとにかく水が大事!!!」
と、耳が痛いほど聞かされてきた言葉。
トマトと違って、水をとにかく与えないと枯れちゃう野菜だそうです。

ただ、水が足らないのかな。
成長スピードは少し遅いですが、ほんの少しずつ成長しております。
お隣の農園師匠が植えた茄子はグン!と伸びているのに。。。

美味しい茄子ができるよう
たくさんのお水とたくさんの愛情を注いでいきます。

④トウモロコシ

農園リーダの島ちゃんが
「自分の畑でトウモロコシを植えたけど、種が余ったので、ここでも少し植えてみる?」
というのがきっかけで始まったトウモロコシ。

発芽率90%という好成績で芽が出てきました。
1日2ミリぐらいのペースでグングンと伸びてきてます。

⑤枝豆

まず、枝豆の種にビックリ!もっと、朝顔の種みたいに茶色かと思ってたのが
鮮やかな緑色。

植えてから1週間ぐらいすると、そら豆みたいな可愛らしい芽が出てきました!

個人的には可愛らしい野菜の苗ランキング1位です。

収穫の目安は2ヶ月後です。
たくさんの実がつき、お店で様々な料理にしてお届けしたいと思ってます。

◇今後は農園体験コースをメニュー化する予定です。
私たちスタッフと一緒に、収穫や手入れ、草抜きをやってくださるかた、募集中です!また、詳細は後日掲載します。

InstagramFacebookにて本島の魅力をお届け中!
是非こちらもご覧ください。

本島旬弁当は6月いっぱいまで!御予約はお早目に!

こんにちは。米津です。
四国地方は5月31日に梅雨入りをしました。例年より早いとのことですが
確かにどんよりとした空の日が多くなりました。
ただ!空はどんよりでも、島の流れる時間がいつも以上にゆったりとしているので
その雰囲気を6月は存分に楽しみたいと思ってます。

さて、4月から毎週土曜日は“本島旬弁当の日”と制定されていただきました。
新型コロナウイルスの影響で島へは行けないけど、島ではたくさんの美味しい食材が獲れるので、そんな旬の食材を何とか届けたい!という思いのもと丸亀港&児島観光港にてお弁当をお届けするサービスを始めました。

4月は“本ミル貝”5月は“鰆”や“イカ”“筍”などを中心にお届け
こちらは本島の新鮮なタコ
生きたままお店へ来るので、非常に綺麗!

限定40食として予約販売をさせていただいておりますが
お陰様で毎回完売してしまうほど好評です。

そんな本島旬弁当ですが6月いっぱいで終了とさせていただきます。
夏になると一気に気温が上昇し、料理が痛み、食中毒を引き起こしてしまう恐れがあります。
現在は保冷剤や保冷バックをご持参いただくようお願いしての営業とさせていただきております。

終了まで残り4回!
今回は6月の目玉食材をご紹介したいと思います。

▼6月の旬

①“キスゴ”

本島の6月といえば“キスゴ”

網を仕掛け海の底を這わし潮の流れにのせて流す“キスゴ流せ網漁法”
多い時には40㌔から60㌔獲れるそうです。個数で換算すると500匹から700匹なんだとか!

キスゴは魚の中でもあっさりして脂肪が少ないのでヘルシーです。
魚独特のクセもなく、食べやすい!

漁師さんは
三枚におろしてフライにし自家製タルタルソースをつけて食べるのが一番好きだそうです。

早速、6月6日(土)のメイン料理としてキスゴを使いますよ。

②“タケノコ@破竹”

筍には孟宗竹(もうそうちく)、淡竹(はちく)、真竹(またけ)と、3種類あります。
5月に使っていた筍は孟宗竹といって少しえぐみのある筍を使ってフリットや木の芽和えを作ってました。
6月は淡竹や真竹の時期です。

シェフのたいちゃんは筍堀りの名人!

今月は本島の破竹を中心にお届けします。

③キュウリ

Honjima Stand 農園で栽培している夏野菜の中でもずば抜けて成長している“キュウリ” すくすくと成長し、収穫が始まりました!

今後は島ちゃんの漬物という名目のもと、ぬか漬けや、なますなどにアレンジして
自分たちで作ったキュウリをお届け致します。

▼お弁当のご予約方法

完全予約制となっておりますので、
ご希望日の2日前までご連絡くださいませ。
但し、予約数に達し次第、締め切りとさせていただきます。
ご了承くださいませ。

▼引き取り場所・時間
丸亀港:15:00~16:10
児島観光港:17:15~17:30

▼料金
1,500円(税込)
※今回より、保冷バックと保冷剤をつけております。
引き渡しの際に、保冷バックをお持ちいただいた方には、1,300円にて販売いたします。

※当日現金払いもしくは 事前クレジット決済にてお支払いください

▼お問合せ方法
℡:070-2301-5862
または
InstagramFacebookのDMまで