5月16日(土)の本島弁当の魅力

こんにちは。
たった数日間、本島に行かないだけで少し寂しい気持ちになってしまうほど
好きな米津です。

「毎日違う海の色」
「何も聞こえない島の音」
「いつも笑わせてくださる島の方々」
などと、島の好きなところはたくさんあります。

さて
毎週土曜日に実施している“本島旬弁当”
本島の旬の食材をできる限り使い、島の魅力と一緒に
お届けしている弁当です。

一番近くで見ている私でさえ、
毎回バージョンアップして、毎回美味しく、毎回驚かせています。

日に日にお弁当のクオリティが上がっているので
来週のことはもちろん、来月はどんなお弁当になっているのだろうと
毎日ワクワクして過ごしております。

今回は5月16日(土)にお届けするお弁当の魅力をお届けします!

●メイン料理“鰆(サワラ)のポワレ”

4月20日に解禁されたものの、5月末ぐらいまでしか獲れない“鰆”

春の魚と言われていますが、「春は短いよ~」と鰆も訴えているかのようですね。

先日、漁師さんに
「春の鰆で一番美味しいと感じる時はいつですか?」
と聞いてみると
「5月の中旬頃だよ!」とおっしゃっていました。

そう!ちょうど今が一番美味しい時です!

いつでも美味しいのですが、
今の時期の鰆が一番身が引き締まっているのだそうです。

今回はたいきシェフの得意料理“ポワレのブイヤベース”に変身して登場します。

ポワレとはフランス料理で魚の焼き物という調理法だそうです。
ただ、ソテーやムニエル、ピカタとは少し違ってます。

ポワレの特徴としては焼いている途中に出てくる油を魚にかけ流しながら焼くことで
外はカリッと、中はふっくらと仕上がります。

シェフはフランスに1年間留学していたので
フランス本場のポワレを楽しむことができますよ。

●本島蛸(タコ)

5月に解禁されたタコ漁。

年中獲れるイメージですが、解禁されては終わり、
また、解禁されては、終わりの繰り返しです。

基本的に本島の漁師さんは
タコ壺漁でタコをとってます。

たくさんの壺を紐に結わえて海底に沈めます。
タコには何かにしがみつく習性があるのでそれを生かした漁法だそうです。

今回はそんな蛸を贅沢に使った“蛸めし”をお届けします。

●お品書き

・鰆のポワレ ジャガイモのピューレ ブイヤベース
・本島蛸めし
・本島イカのセート風
・本島筍のグラタン
・本島新玉ねぎのサラダ
・島ちゃんの漬物
などなど

今回も本島の食材をひたすらに詰め込んだお弁当となっております!
残りわずかとなっておりますので、ご希望の方はお早めにご注文をお願い致します。

●料金

1,200円(税込)

●引き渡し場所&時間

①丸亀港 15:00~16:10
※丸亀港待合所前にて米津とたいきシェフが待機しております

②児島観光港(岡山) 17:15~17:30
※児島観光港の待合所前にて着物を着いている宮崎さんが待機しております

●注文方法

お電話:070-2301-5862
または、InstagramFacebookのDMまでご予約をお願いいたします。

※限定40食のため、売り切れ次第、締め切りとされていただきます

●お支払い方法

・当日現金払い
・事前クレジットカード決済(Square)

2種類からお選びいただけます。

本島旬弁当は6月末まで実施する予定です。
来週以降のご予約も随時承っております。
お気軽にご連絡くださいませ~!

5月9日(土)本島旬弁当の魅力について

5月になりましたね。早速先日、夏日を記録したようでビックリです。
ついこの間までセーターを着ていたのに。。時の流れが早い!
5月といえば、皆さんは何を思い浮かべますか?
私は“ハナミズキ”です。いつもは歌を聞いて季節を感じるのですが
今年は実際に見てみたいので島にハナミズキが咲いていないか、探索しているところです。

こんにちは。米津です。

毎週土曜日に実施している“本島旬弁当”
島の魚介や野菜をふんだんにつかい、旬の食材を味わうことで
島のことや季節を感じてもらおうということで始ました。

4月中旬から始め、毎週予約限定数に達するほど
好評をいただいております。

先週と先々週は、本島の“鰆”

今回は、「アクアパッツァを食べたいなあ~。」
と、本島にいる漁師さんと一緒に話していたところ
「“オコゼ”使ったらどうかな?」
と話に上がり、試食をしてみると非常に美味しかったので
オコゼのアクアパッツァをメイン料理とします。
そんな“オコゼ”の魅力についてご紹介します

●オコゼ

5月が旬のオコゼ。
「夏はオコゼ、冬はフグ」と言われているほど
白身魚特有の淡泊なクセがあまりなく味わい深い魚として知らせてます。

ひと昔前は、滅多に獲れないことから、高級魚として知られてました。
が、今は繁殖をしているので本島沖では良く獲れるそうです。

オコゼと言えば
・【猛毒】
・【見た目が悪い】

島ちゃんが「オコゼはブサイクちゃんですよ~」というほど
あまり見た目が岩みたいで鬼みたいなの顔をしているオコゼ。
他の魚とは明らかに違った特徴ある容姿です。

また、やっかいなのが毒。
オコゼの背びれ部分には毒があり、刺されるとひどい激痛が数時間から数日続くそうです。
あまりにもひどい時には病院へ行かなくてはならないほど、痛むこともあります。
本島の漁師さんも年に3度ほど刺されたことがあるみたいで
オコゼは非常に厄介とおっしゃってました。

今回は、オコゼをさばくのに慣れている、そんな漁師さんに
毒をとっていただきました。手袋や、長靴も貫通をしていまうほどの針だそうです。

5月9日(土)の本島旬弁当では
そんなオコゼのアクアパッツァにします!

約15㎝~18㎝のオコゼと本島の新玉ねぎ、
トマトやナスなどを入れてオーブンに入れて200℃で20分。

ふんわりとした白身に
あっさりとした出し汁がとっても美味しい!!

少し小骨が多いので気をつけながら食べているのですが
ゆっくりと噛みしめて味わっているので旨味が口の中に広がり、満腹感もより一層感じられます。

また、オコゼは脂質分がとても少なく、ヘルシーなので高タンパク質です。
尚且つ、ビタミンB12の栄養素も非常に高いので貧血予防にも繋がります。

本島旬弁当は事前予約制の為
2日前の5月7日(木)までにご連絡をくださいませ。

●料金
1,200円(税込)

●注文方法
お電話:070-2301-5862
MAIL:hello@honjima-stand.com
またはInstagram・FacebookのDMまで
ご予約お願いいたします。
(ご予約は希望日の前日までにご連絡ください)

※限定40食の為、売れ切れ次第、締め切りとさせていただきます。

●お支払い方法
・当日現金払い
・事前クレジットカード(Square)

2種類からお選びいただけます。

事前決済をご希望の方は、請求書をメールにてお送りさせていただきます。
ご注文の際に、メールアドレスをお送りくださいませ。

●引き渡し場所&時間
丸亀港にて15:00~16:10の間にて引き渡しを行います。

https://www.navitime.co.jp/poi?spt=02043.381828

Honjima StandのInstagram
https://www.instagram.com/honjima_stand/?hl=ja

Honjima StandのFacebook
https://www.facebook.com/honjimastand/?ref=bookmarks

4/25(土)本島旬弁当の魅力について

こんにちは。
気づけば4月も半分が過ぎ、時の流れの早さにビックリする米津です。

今回は4月25日(土)に販売する“本島旬弁当”についてご紹介したいと思います。

食材によっては副菜が少し変更する可能性がございます。

①今季初の鰆

春の魚といえば“鰆(サワラ)”
香川県では春になると鰆の押し寿司がスーパーで出回ってます。
鰆を見ると、「あ~春がきたな~」とつくづく感じます。

瀬戸内の鰆は4月から5月にかけて産卵のために太平洋から瀬戸内海に入ります。
産卵は5月から6月で、生まれた稚魚は11月頃まで瀬戸内海で成長をし、その後
再び太平洋にへ。翌春、再び瀬戸内海に帰ってくるそうです。

そんな旅をしながら成長していく鰆ですが、
本島沖で育つ鰆は、少し他の鰆とは違っていると言われております。

なぜなら、本島沖は日本の中でも非常に潮の流れが早い場所として古くから知られております。 2000年前は地元(本島)の人が水先案内人として誘導していないと船が通れない難所でした。

そんな沖で暮らしている鰆は潮の流れに耐え抜いて生きているので
非常に身がしまっているのが特徴です。

癖のない上品な白身。そのため白身魚と思われがちですが、
成分値やサバと近縁であることから赤身魚に分類されます。

今回は本ミル貝の漁を終わられ
春は鰆を中心に網で獲りに行く漁に取り掛かる“大石水産”さんに
鰆をお願いしました。

今年は魚が非常に多く獲れるのと、コロナウイルスの影響で魚の値打ちが例年より落ちているのだとか。

そんな鰆を贅沢に使った
【鰆の味噌焼き】を今回はお弁当のメインとして登場。

「これが春の味か~」と思いながら
本島の海と魚を獲っている漁師さん達を想像し
ふわっと柔らかな鰆を愉しんでいただければと思います!

②シタビラメの炊き込みご飯

シタビラメを香川・岡山の方言では“ゲタ”と呼ばれております。
履物の下駄に似ていることからゲタと呼ばれているそうです。

都心では高級食材として流通しているそうですが
香川県ではたくさん獲れることから庶民の味として親しまれております。

上品であっさりとした身をほぐし、生姜と瀬戸内のレモンを一緒に入れて炊き込むこと1時間。鰆と一緒に食べるのにピッタリなご飯です。


今回の島ちゃん漬物はHonjima Stand 農園で作った春大根を使った
“大根の漬物&からし和え”

スタッフが愛情込めて育てた春大根!

根っ子の部分は瀬戸内海の海水を使った漬物に。
海水を使って漬物を作るのは島ちゃんが先祖代々と引き継がれてきた漬け方なんだそう。初めて見た時はその斬新なアイデアにビックリしました。

大根の葉は、からし和えに。
これは本当に美味しい!!
元々、からしが苦手な米津なのですが
このからし和えを食べて以来、からしが好きになりました!
大根の葉もシャキシャキし、これだけでご飯がすすむ最高の逸品です。

●お品書き
舌平目の混ぜご飯
鰆の味噌焼き
舌平目真子の卵焼き
春キャベツと紫キャベルのザワークラウト
新ゴボウのタタキ
菜の花辛子和えミモレットチーズ
新玉葱&筍&ブロッコリーのフリット 
タルタルソース付
バーニャカウダ(きゅうり人参インゲントマト)
生春巻き (新玉香味ダレきゅうり人参茹で鶏)

●料金
1,200円(税込)

●注文方法
お電話:070-2301-5862
MAIL:hello@honjima-stand.com
またはInstagram・FacebookのDMまで
ご予約お願いいたします。
(ご予約は希望日の前日までにご連絡ください)

※限定40食の為、売れ切れ次第、締め切りとさせていただきます。

●お支払い方法
・当日現金払い
・事前クレジットカード(Square)

2種類からお選びいただけます。

事前決済をご希望の方は、請求書をメールにてお送りさせていただきます。
ご注文の際に、メールアドレスをお送りくださいませ。

引き渡し場所&時間
丸亀港にて15:00~16:10の間にて引き渡しを行います。

https://www.navitime.co.jp/poi?spt=02043.381828

丸亀港の待合所のすぐ外にて机を1つ置いております。
新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、マスクと手袋着用の上
米津が港でお待ちしております!

4/18(土)本島旬弁当の魅力について

こんにちは。本島大好きッ子の米津です。
このご時世、飲食店はどこもそうですが、飲食店を支えてくださっている
食材の生産者さんもコロナウイルスの影響が出ているとのことです。

本島の漁師さんも
「今までの中で一番、魚の相場が下がっているわ」と
お店に来られて嘆いてました。

今からの時期、鰆やベイカなどが獲れはじめ
また違った旬な魚を堪能できるかなという時。。。

何とかして、少しでも助けれたらな。という思いが募るばかりです。

そんな中、始動したのが、毎週土曜日に行っている
本島の食材が詰まった“本島旬弁当”
島に行きたいけど来られない方々に向け、島の食材を通して
本島を感じていただこうというコンセプトのもと始めました。

今回は
4月18日(土)にお届けするお弁当のメニューから
特にお伝えしたい本島の食材をご紹介します。

①今期最後の本ミル貝

12月から4月までしか獲れない貝“本ミル貝”
「夏はアワビ、冬は本ミル貝」と言われるほどの高級貝として
都心の料亭やお寿司屋さんを中心に流通しております。

そんな本ミル貝、、、
今期は東京の表参道に持っていって様々な料理としておもてなしをしたり
通販パッケージを組み、全国各地にお届けするお手伝いをしたりと、
今思えば、いろんな初な取り組みをしてきました。
4月17日の漁で今季は最後ということでHonjima Standでも料理として
提供できるのはこの日のお弁当が最後となります。

本ミル貝を獲って、持ってきてくださっている大石一家には
大変お世話になりました。

今回は
・炊き込みご飯

・本ミル貝とハマチのカルパッチョ

の、2品がお弁当にて登場します。

炊き込みご飯は
本ミル貝の甘味と旨味がご飯と一緒になり
より、自然の甘みを感じることができるのに合わせ
貝のコリコリ感も楽しめるという贅沢品。

カルパッチョも
なんともいえない病みつき感があり
このお弁当の中での一番のお気に入りメニューである非常に美味しい逸品です。

②今が旬!シタビラメ

香川や岡山の方では“ゲタ”と呼ばれております。
今はシタビラメがよく獲れるのだとか。
今回は、今が旬のシタビラメを本島の漁師であるキヨさんにお願いをしました。

袋になった大きな網を海底に沈め
船で引きずる底びき漁という漁法でやられているそうです。

淡泊であっさりしているのが特徴なシタビラメ。
今回は、シェフの秘伝フリット生地を使い、サクサク食感フリットにしました。

そんな本島の魚介が詰まった4月18日(土)のお弁当は
限定40食だったものの、残り2食!
検討されている方は、お早目にご連絡くださいませ。

●金額
1個:1,200円(税込)

●注文方法
お電話、またはInstagram・FacebookのDMまで
ご予約お願いいたします。
(ご予約は希望日の2日前までにご連絡ください)
※量が多い場合は、請求書発行後日払いなども可能です。

●お支払い方法
当日、お弁当と引き換えにお支払いをお願いしております。
現金のみとなりますので、ご了承ください。
※おつりは準備しております

●引き渡し場所&時間
丸亀港にて15:00~16:10の間にて引き渡しを行います。

https://www.navitime.co.jp/poi?spt=02043.381828

丸亀港の待合所前にて机を1つ置いて米津が待機しております。
14:45ぐらいからいますので、早めに来ていただいても大丈夫ですよ。

4月25日(土)のお弁当は
今季初の本島鰆を使ったメニューが登場しますよ!
先行予約も承っております。お気軽にご連絡をくださいませ!

島の食材を丸亀へお届け!【本島旬弁当】始めます

こんにちは。本島に通いだしてから、春の楽しみが1つ増えた米津です。
それはなにかというと。。。「山菜探し」
タラの芽やワラビ、つくしやイタドリなどといった山菜を求め、山に潜入!
1週間前、山菜を探した時にはタラの芽を始めて発見し大興奮しました。
そのまま天ぷらにして食べたのですが、食べやすくてほんと絶品でした。

また、つい先日もHonjima Stand農園の近くに住んでいる奥さんと山菜についてお話をしていると「目の前の雑草畑にもセリがあるやん!」とお声をかけてくださりました。「根本ギリギリのところから採るんよ~」と言いながら一緒にとり、
“セリの胡麻和え”にして食べました。
島は山菜の宝庫だと感じる日々です。

今回の本題ですが

4月18日(土)から
毎週土曜日は【本島旬弁当】の日と制定させていただきます!

島の旬を詰め込んだ夕食弁当。
事前予約制となりますが、丸亀港までお届けします。

▼本島旬弁当を始めるきっかけ

このご時世、新型コロナウイルス感染症によって世界が急激に変わってきてます。
先日、緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出は控えるようにと義務付けられました。
中々、外にでる機会が少なくなった今
毎日、同じ空間で過ごしていたら季節を感じる機会が減ったのではないでしょうか。

そんな中、生きるためのに欠かせない“食べること”の中に
季節を感じることができれば、いつもとは違った日々を過ごすことができるのではないか。と思います。

季節を感じることができるのは“旬”という食材。

旬な食材を味わうことで
「あ~。鰆が獲れ始めたってことは新緑の季節になってきたな~」と
日々の生活に、ちょっとした温かさを感じていただけたらと思い
本島の旬な食材を詰め込んだ弁当販売することにしました。

本来は島に来ていただき、島の空気を感じながらお召し上がりいただきたいところですが中々外出が難しい今、丸亀ならお届けできる!とのことで
お弁当をフェリーに乗せ、丸亀港にてお渡し致します。

▼本島の食材の良さとは

魚を獲る漁師さんや野菜を丁寧に作っている生産者さんの顔が見え
その食材の想いをダイレクトに受け取ることができるのが一番の魅力です。

本島の魚介は本島の漁師さん達から新鮮な魚を直接いただき
野菜は、Honjima Stand農園で採れた野菜や、本島の農家の方々
または香川県満濃町でオーガニック野菜を作っている農家さんから
いただいております。
食材を持ってきてくださる生産者さん達の純粋な笑顔は
私たちスタッフの癒しでもあります。

本島の農家さんから水菜をおすそ分けいただきました

安心・安全で体に優しい食材を使用することで
体に優しく、作り手の愛情がダイレクトに伝わるお弁当作りを心がけております。

▼概要

4月18日(土)から毎週土曜日、販売します。
※現時点、6月末までは継続する予定ですが
状況によっては変更する可能性があります。

毎週土曜日に翌週のメインメニューとサブメニューを
ブログ&InstagramFacebookにてアップ致します。

基本的には炊き込みご飯と本島の旬おかずが6種類~8種類ほど
詰め合わせおります。

▼注文方法

全て事前予約制となっております。
ご希望日の2日前までにご連絡くださいませ。
(例:4/18(土)希望→4/16(木)24:00〆切)

ただし、限定40食のためご予約数が上回り次第締め切らせていただきます。

【お問合せ】
℡:070-2301-5862(米津)
Instagram・FacebookのDMにても承っております。

▼受取場所&時間

丸亀港の待合所前にて受け渡しを行います。
15:00~16:10の間にお越しくださいませ。

https://www.navitime.co.jp/poi?spt=02043.381828

・お車でのお越しの方
一時的の場合は、待合所前にて駐車可能なので駐車場の心配はございません。

4月18日(土)
「本島本ミル貝の炊き込みご飯&本島舌平目弁当」

4月25日(土)
「本島舌平目の炊き込みご飯&今年初獲れ鰆弁当」

それぞれのお弁当で使用している本島の食材の魅力については
次のブログにて紹介させていただきます!