4/25(土)本島旬弁当の魅力について

こんにちは。
気づけば4月も半分が過ぎ、時の流れの早さにビックリする米津です。

今回は4月25日(土)に販売する“本島旬弁当”についてご紹介したいと思います。

食材によっては副菜が少し変更する可能性がございます。

①今季初の鰆

春の魚といえば“鰆(サワラ)”
香川県では春になると鰆の押し寿司がスーパーで出回ってます。
鰆を見ると、「あ~春がきたな~」とつくづく感じます。

瀬戸内の鰆は4月から5月にかけて産卵のために太平洋から瀬戸内海に入ります。
産卵は5月から6月で、生まれた稚魚は11月頃まで瀬戸内海で成長をし、その後
再び太平洋にへ。翌春、再び瀬戸内海に帰ってくるそうです。

そんな旅をしながら成長していく鰆ですが、
本島沖で育つ鰆は、少し他の鰆とは違っていると言われております。

なぜなら、本島沖は日本の中でも非常に潮の流れが早い場所として古くから知られております。 2000年前は地元(本島)の人が水先案内人として誘導していないと船が通れない難所でした。

そんな沖で暮らしている鰆は潮の流れに耐え抜いて生きているので
非常に身がしまっているのが特徴です。

癖のない上品な白身。そのため白身魚と思われがちですが、
成分値やサバと近縁であることから赤身魚に分類されます。

今回は本ミル貝の漁を終わられ
春は鰆を中心に網で獲りに行く漁に取り掛かる“大石水産”さんに
鰆をお願いしました。

今年は魚が非常に多く獲れるのと、コロナウイルスの影響で魚の値打ちが例年より落ちているのだとか。

そんな鰆を贅沢に使った
【鰆の味噌焼き】を今回はお弁当のメインとして登場。

「これが春の味か~」と思いながら
本島の海と魚を獲っている漁師さん達を想像し
ふわっと柔らかな鰆を愉しんでいただければと思います!

②シタビラメの炊き込みご飯

シタビラメを香川・岡山の方言では“ゲタ”と呼ばれております。
履物の下駄に似ていることからゲタと呼ばれているそうです。

都心では高級食材として流通しているそうですが
香川県ではたくさん獲れることから庶民の味として親しまれております。

上品であっさりとした身をほぐし、生姜と瀬戸内のレモンを一緒に入れて炊き込むこと1時間。鰆と一緒に食べるのにピッタリなご飯です。


今回の島ちゃん漬物はHonjima Stand 農園で作った春大根を使った
“大根の漬物&からし和え”

スタッフが愛情込めて育てた春大根!

根っ子の部分は瀬戸内海の海水を使った漬物に。
海水を使って漬物を作るのは島ちゃんが先祖代々と引き継がれてきた漬け方なんだそう。初めて見た時はその斬新なアイデアにビックリしました。

大根の葉は、からし和えに。
これは本当に美味しい!!
元々、からしが苦手な米津なのですが
このからし和えを食べて以来、からしが好きになりました!
大根の葉もシャキシャキし、これだけでご飯がすすむ最高の逸品です。

●お品書き
舌平目の混ぜご飯
鰆の味噌焼き
舌平目真子の卵焼き
春キャベツと紫キャベルのザワークラウト
新ゴボウのタタキ
菜の花辛子和えミモレットチーズ
新玉葱&筍&ブロッコリーのフリット 
タルタルソース付
バーニャカウダ(きゅうり人参インゲントマト)
生春巻き (新玉香味ダレきゅうり人参茹で鶏)

●料金
1,200円(税込)

●注文方法
お電話:070-2301-5862
MAIL:hello@honjima-stand.com
またはInstagram・FacebookのDMまで
ご予約お願いいたします。
(ご予約は希望日の前日までにご連絡ください)

※限定40食の為、売れ切れ次第、締め切りとさせていただきます。

●お支払い方法
・当日現金払い
・事前クレジットカード(Square)

2種類からお選びいただけます。

事前決済をご希望の方は、請求書をメールにてお送りさせていただきます。
ご注文の際に、メールアドレスをお送りくださいませ。

引き渡し場所&時間
丸亀港にて15:00~16:10の間にて引き渡しを行います。

https://www.navitime.co.jp/poi?spt=02043.381828

丸亀港の待合所のすぐ外にて机を1つ置いております。
新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、マスクと手袋着用の上
米津が港でお待ちしております!

4/18(土)本島旬弁当の魅力について

こんにちは。本島大好きッ子の米津です。
このご時世、飲食店はどこもそうですが、飲食店を支えてくださっている
食材の生産者さんもコロナウイルスの影響が出ているとのことです。

本島の漁師さんも
「今までの中で一番、魚の相場が下がっているわ」と
お店に来られて嘆いてました。

今からの時期、鰆やベイカなどが獲れはじめ
また違った旬な魚を堪能できるかなという時。。。

何とかして、少しでも助けれたらな。という思いが募るばかりです。

そんな中、始動したのが、毎週土曜日に行っている
本島の食材が詰まった“本島旬弁当”
島に行きたいけど来られない方々に向け、島の食材を通して
本島を感じていただこうというコンセプトのもと始めました。

今回は
4月18日(土)にお届けするお弁当のメニューから
特にお伝えしたい本島の食材をご紹介します。

①今期最後の本ミル貝

12月から4月までしか獲れない貝“本ミル貝”
「夏はアワビ、冬は本ミル貝」と言われるほどの高級貝として
都心の料亭やお寿司屋さんを中心に流通しております。

そんな本ミル貝、、、
今期は東京の表参道に持っていって様々な料理としておもてなしをしたり
通販パッケージを組み、全国各地にお届けするお手伝いをしたりと、
今思えば、いろんな初な取り組みをしてきました。
4月17日の漁で今季は最後ということでHonjima Standでも料理として
提供できるのはこの日のお弁当が最後となります。

本ミル貝を獲って、持ってきてくださっている大石一家には
大変お世話になりました。

今回は
・炊き込みご飯

・本ミル貝とハマチのカルパッチョ

の、2品がお弁当にて登場します。

炊き込みご飯は
本ミル貝の甘味と旨味がご飯と一緒になり
より、自然の甘みを感じることができるのに合わせ
貝のコリコリ感も楽しめるという贅沢品。

カルパッチョも
なんともいえない病みつき感があり
このお弁当の中での一番のお気に入りメニューである非常に美味しい逸品です。

②今が旬!シタビラメ

香川や岡山の方では“ゲタ”と呼ばれております。
今はシタビラメがよく獲れるのだとか。
今回は、今が旬のシタビラメを本島の漁師であるキヨさんにお願いをしました。

袋になった大きな網を海底に沈め
船で引きずる底びき漁という漁法でやられているそうです。

淡泊であっさりしているのが特徴なシタビラメ。
今回は、シェフの秘伝フリット生地を使い、サクサク食感フリットにしました。

そんな本島の魚介が詰まった4月18日(土)のお弁当は
限定40食だったものの、残り2食!
検討されている方は、お早目にご連絡くださいませ。

●金額
1個:1,200円(税込)

●注文方法
お電話、またはInstagram・FacebookのDMまで
ご予約お願いいたします。
(ご予約は希望日の2日前までにご連絡ください)
※量が多い場合は、請求書発行後日払いなども可能です。

●お支払い方法
当日、お弁当と引き換えにお支払いをお願いしております。
現金のみとなりますので、ご了承ください。
※おつりは準備しております

●引き渡し場所&時間
丸亀港にて15:00~16:10の間にて引き渡しを行います。

https://www.navitime.co.jp/poi?spt=02043.381828

丸亀港の待合所前にて机を1つ置いて米津が待機しております。
14:45ぐらいからいますので、早めに来ていただいても大丈夫ですよ。

4月25日(土)のお弁当は
今季初の本島鰆を使ったメニューが登場しますよ!
先行予約も承っております。お気軽にご連絡をくださいませ!

島の食材を丸亀へお届け!【本島旬弁当】始めます

こんにちは。本島に通いだしてから、春の楽しみが1つ増えた米津です。
それはなにかというと。。。「山菜探し」
タラの芽やワラビ、つくしやイタドリなどといった山菜を求め、山に潜入!
1週間前、山菜を探した時にはタラの芽を始めて発見し大興奮しました。
そのまま天ぷらにして食べたのですが、食べやすくてほんと絶品でした。

また、つい先日もHonjima Stand農園の近くに住んでいる奥さんと山菜についてお話をしていると「目の前の雑草畑にもセリがあるやん!」とお声をかけてくださりました。「根本ギリギリのところから採るんよ~」と言いながら一緒にとり、
“セリの胡麻和え”にして食べました。
島は山菜の宝庫だと感じる日々です。

今回の本題ですが

4月18日(土)から
毎週土曜日は【本島旬弁当】の日と制定させていただきます!

島の旬を詰め込んだ夕食弁当。
事前予約制となりますが、丸亀港までお届けします。

▼本島旬弁当を始めるきっかけ

このご時世、新型コロナウイルス感染症によって世界が急激に変わってきてます。
先日、緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出は控えるようにと義務付けられました。
中々、外にでる機会が少なくなった今
毎日、同じ空間で過ごしていたら季節を感じる機会が減ったのではないでしょうか。

そんな中、生きるためのに欠かせない“食べること”の中に
季節を感じることができれば、いつもとは違った日々を過ごすことができるのではないか。と思います。

季節を感じることができるのは“旬”という食材。

旬な食材を味わうことで
「あ~。鰆が獲れ始めたってことは新緑の季節になってきたな~」と
日々の生活に、ちょっとした温かさを感じていただけたらと思い
本島の旬な食材を詰め込んだ弁当販売することにしました。

本来は島に来ていただき、島の空気を感じながらお召し上がりいただきたいところですが中々外出が難しい今、丸亀ならお届けできる!とのことで
お弁当をフェリーに乗せ、丸亀港にてお渡し致します。

▼本島の食材の良さとは

魚を獲る漁師さんや野菜を丁寧に作っている生産者さんの顔が見え
その食材の想いをダイレクトに受け取ることができるのが一番の魅力です。

本島の魚介は本島の漁師さん達から新鮮な魚を直接いただき
野菜は、Honjima Stand農園で採れた野菜や、本島の農家の方々
または香川県満濃町でオーガニック野菜を作っている農家さんから
いただいております。
食材を持ってきてくださる生産者さん達の純粋な笑顔は
私たちスタッフの癒しでもあります。

本島の農家さんから水菜をおすそ分けいただきました

安心・安全で体に優しい食材を使用することで
体に優しく、作り手の愛情がダイレクトに伝わるお弁当作りを心がけております。

▼概要

4月18日(土)から毎週土曜日、販売します。
※現時点、6月末までは継続する予定ですが
状況によっては変更する可能性があります。

毎週土曜日に翌週のメインメニューとサブメニューを
ブログ&InstagramFacebookにてアップ致します。

基本的には炊き込みご飯と本島の旬おかずが6種類~8種類ほど
詰め合わせおります。

▼注文方法

全て事前予約制となっております。
ご希望日の2日前までにご連絡くださいませ。
(例:4/18(土)希望→4/16(木)24:00〆切)

ただし、限定40食のためご予約数が上回り次第締め切らせていただきます。

【お問合せ】
℡:070-2301-5862(米津)
Instagram・FacebookのDMにても承っております。

▼受取場所&時間

丸亀港の待合所前にて受け渡しを行います。
15:00~16:10の間にお越しくださいませ。

https://www.navitime.co.jp/poi?spt=02043.381828

・お車でのお越しの方
一時的の場合は、待合所前にて駐車可能なので駐車場の心配はございません。

4月18日(土)
「本島本ミル貝の炊き込みご飯&本島舌平目弁当」

4月25日(土)
「本島舌平目の炊き込みご飯&今年初獲れ鰆弁当」

それぞれのお弁当で使用している本島の食材の魅力については
次のブログにて紹介させていただきます!

月に2回しか現れない本島絶景スポット ~園の洲~

毎日、瀬戸内海を眺めていても飽きない米津です。ある日は少し、靄がかかって、瀬戸大橋がくすんでいるな~。という日があれば、ある日は空気が澄んでいてくっきりとした海の色で綺麗だな~。という時もあり、日々、瀬戸内海に癒されております。

そんな瀬戸内海に浮かぶ本島で
月に2回、それも約2時間しか現れない絶景スポット“園の洲”について
ご紹介させていただきます。

▼園の洲とは

「園の州(そののす)」と呼ばれる海底地形。

潮差が最大になる大潮の干潮。
干潮の前後約2時間のみ、海面に姿を現す砂浜があります。

塩飽諸島の本島と広島の間に位置し、
広さは南北約二キロ、東西約八百メートルといった大きな洲です。
ここは傾斜が複雑な遠浅の地形のため、
潮が満ち始めるとあっという間に浸水してしまいます。

数十年前までは
知る人ぞ知る、潮干狩りスポットだったそうです。
主にはあさりや赤貝、マテ貝などが獲れ、多い時には
人間で洲が埋め尽くされるほどまでいたそうです。
今は、周辺での海砂採取による生態系の変化、過剰採取が要因で
潮干狩りは行ってないそうです。

園の洲は地元の方には観光スポットとして誇れる存在だそうですが
漁師さんにとっては潮の流れが早いため気をつけないと船が乗り上げてしまう難所でもあったそうです。

▼園の洲という名の由来

約350年前のこと。
本島の福田地区に代官というお偉いさんがおりました。
代官の厳しい年貢の取り立てに困った村人たちは、
3月3日のひな祭りの日に代官を沖の砂浜(園の洲)へ潮干狩に誘い出し
そこで酒宴を開きました。
その後、村人たちは酒に酔って眠った代官を、一人砂浜に置き去りにして船で帰って行きました。
一人残された代官は帰るすべもなく、ついには溺れ死んでしまいました。

その代官には、お園(おその)という一人娘がおり、このことを知ったお園は、
洲の見える岬に駆け登り断崖に突き出ている松の木にすがりつき、
洲を見つめたまま泣き崩れてしまいました。
翌朝、お園の姿は見当たらず、断崖から身を投げたのか松の根元には
草履だけが残されていました。
それから、沖の洲利を「園の洲」と呼ぶようになりました。

悲しい物語が由来となってしまいましたが
これもまた本島の歴史ある物語として
受け継いでいくべきだと感じます。

▼園の洲からみた景色

今回は、園の洲の撮影の為に
本島の漁師さん“大石さん”の漁船に乗船させていただきました!

手を伸ばすと海。船の先頭に立って風を感じるだけで、心のモヤモヤがなくなるような感覚に。海を見ているとぴょんと魚が飛び跳ねるのも見ることができました!(写真に収めることができなくて悔しいですが。。)
個人的には、ここ最近で一番楽しかった体験となりました。

気持がいい潮風を浴びながら、青く透き通った海を眺めること約5分。

海の真ん中に鳥が。

すでに潮が引いていました。
次々とかもめや鵜がたくさん寄ってきます。
鳥たちの餌となる貝や魚がたくさんいるのだとか。。。

たくさんのカモメたち
奥に見える工場地帯は岡山の“水島臨海工場地帯”

夜になるとライトアップされ「夜景100選」にも選ばれている所ですが
園の洲から見るお昼間の水島工場地帯も綺麗だな。と感動しました。

園の洲からみた瀬戸大橋と港町である下津井の町並み

瀬戸大橋をボーっと眺めるのが好きな私は
いつもと違った角度から瀬戸大橋を見れただけでも心打たれました。

今まで園の洲ってそんなに感動するのかな。と思っていた私ですが
笠島の保存地区や塩飽勤番所と並んで、本島に誇れる観光スポットだと実感しました。今後も月に2回しか見れないという希少性の高い絶景スポットとして、広めていきたいと思っております!

本島さかな部 活動中!

こんにちは。本島さかな部を立ち上げて3か月。
時の流れは非常に早いな~と感じる米津です。

本島といえば豊かな“魚介”!
今の時期だと、鯛や鱸、鮍やメバル、本ミル貝やタイラギ貝(平貝)など
身の引き締まった魚介がたくさん獲れるそうです。

その中でも私のオススメは本ミル貝!!

貝好きの人にはたまらんですよ。臭みが一切なく、なにも付けなくても
甘味と旨味を感じることのできる。これ以上の貝はないと思ってます。

そんな本島の魚介を武器にし
島の若い方々とHonjima Standで手を組んで立ち上げた
“本島さかな部”というサークル

▼本島さかな部とは?

魚好きの、本島好きの方だったらどなたでも入部できるサークルです。
2カ月に1度程度、本島で魚にまつわるイベントを
島の方々と一緒になって行っております。

サークルを主に動かしているのは
若手漁師さんたちやHonjima Standのスタッフ
その他にも、島の方々がバックアップしてくださってます!

そんな中
第一回目の活動
「魚のやさしいさばき教室&魚パーティー」を2月23日に行いました。

その際の様子を地方のTV局さんに取材をしていただきました!


本島の情報、本島の漁業について、さかな部員のこと、そして活動内容など
非常に分かりやすくまとめてくださってます。
こちらは是非とも見ていただきたい!

本島に初めて来られた方もいれば、
何度か遊びに来ている常連さん
そして島の方々。

瀬戸内の海を眺めながら、生きた魚をさばき
すぐに食べるという島にいると当たり前なことですが
魚を通じて人の輪が広がることを
実感できた初回の活動でした。

第一回目の活動内容に似たことを中心に
今後は
・イカ、タコの掴み取り大会
・初心者でもできる魚釣り
などと、いろんな企画を立ててます。

部員の方々の声をもとに、活動内容を決めていくので
実際に行う内容は今後変わっていくかもしれませんが
活動の方向性は魚好きな人が集まり、魚に関する知識を増やし
魚にまつわる体験型イベントをする。という軸で活動していきます。

ただ、今の時期は
コロナウイルス感染症拡大防止のため
本島で集まる活動を自粛させていただいております。

次回は未定ですが、、
入部された方々に向けた特典も現在、考えております。

▼今後の目標

目先の目標は部員数100人を目指しております!
人数を集めるためにも、今はYouTubeチャンネルを作り
魚に関わるコア動画を発信していきたいとも考えてます。

そして、人数が集まり規模が拡大すれば
いずれはゲストで“さかなクン”を招き
マニアックな知識を生かしたイベントを実施したいと構想中です。

▼絶賛部員募集中!

現在の部員は島の方が7人。島外の方が31人。
活動にご参加される際は、ご家族と一緒でもOK!
代表者1名の方が入部されていたら問題ないです。

現在はLINEグループにて部員を集約させていただいております。
そちらにて連絡事項を一斉配信します。

また、活動時には入部届を記入していただきますので
そちらにても管理させていただきます。

▼入部方法

下記までご連絡くださいませ。
MAIL:honjima.sakanabu@gmail.com
InstagramfacebookTwitterのDMまで

是非、あなたの入部をお待ちしております!!!
何か不明なことがございましたら、お気軽にお問合せください。