本島の名産品“本ミル貝” #1

こんにちは。某回転寿司屋に行くと、必ず2皿はつぶ貝を食べるというmyルールがある米津です。貝の旨味と甘味、なによりコリコリとした食感はいつ食べても飽きないですよ。

今回はHonjima Standでお世話になっている漁師さんについて数記事に分けてご紹介したいと思います。

▼紹介することになった経緯

Honjima Standのコンセプトの1つ『島の方と島を訪れる方を繋げる』
お店に来ていただいて島の方と島を訪れる方がお話するだけでも新しいコミュニティが生まれ、繋がります。ただ、タイミングが合わずいつも話せるわけではありません。

そこでHonjima Standでは『食材』を通じて島の方と島を訪れる方を繋げることに取り組んでおります。
本島では漁業が盛んです。時期によって本島ならではの魚介がたくさん獲れるためお店では本島の新鮮な魚介を使った料理を主に提供しております。
ただ、本島沖で獲れた魚介を、料理だけでお届けするのは、もったいないです。

漁師さんにはそれぞれ熱い思いを抱えて漁に行き魚介を獲ってきます。
そんな思いも一緒に感じながら召し上がる料理は思いを知らないよりおいしく感じると私は思っています。そんな思いも噛みしめながら、Honjima Standではお召し上がりいただきたいと思い、漁師さんのことを紹介することになりました。

▼本島のことが好きな若手漁師さん

皆さんはもぐり漁をご存知でしょうか?
数年前にNHKの朝ドラで取り上げられてた“海女さん”や自分の呼吸だけで潜る“素潜り”とは少し違います。

今回、ご紹介する本島のもぐり漁師さんは
潮が激しい瀬戸内海に水深10m~30mに潜り、専用のスーツやヘルメット、ボンベなどといった約60㌔の装備を体に身に着け、1日約6時間、水中の中で貝を獲るお仕事をされている大石さんです。

祖父の代からもぐり漁を始め、現在は3代目。
もぐり漁を18歳の時から始め、今は6年目だそうです。

▼本島本ミル貝とは

大石さんがもぐり漁で主に獲っているのが“本ミル貝”
平均、殻長15cmと非常に大きな高級貝です。

正式名称をミルクイと言われている二枚貝。
12月から3月までしか獲ることができない旬ものです。

上品な旨味と食感、ほんのりとした甘味とあと味の良さと
貝の良いところをすべて、いいとこどりしたような貝です。

昔は本ミル貝しか無かったのでミル貝といえば本ミル貝のことでしたが、最近は、味、食感が良く似たナミガイという貝を白ミル貝と呼ぶのに対し、本家のミルクイを本ミル貝というようになりました。 特に本ミル貝は昔に比べ漁獲量が激減したため幻の本ミルともいわれてます。

日本産の本ミル貝は減少し今や高級食材の一つとなっており、一般に流通しているミル貝のほとんどは中国産や韓国産などの輸入品です。

大石さんは、豊洲市場を中心とした都心部に出荷され、高級寿司屋や料亭にて召し上がることができるそうです。

▼Honjima Stand×本島本ミル貝

Honjima Standではスパイスカレーで本ミル貝を使ったり
2/8(土)の夜営業  “小料理屋 ~さなえ×かすみ~”で浜焼きに。
2/13(木)~15(土)の 出張 in Tokyo にて本ミル貝の燻製や味噌焼きなどと
本島の本ミル貝を様々な料理にしてお届けします。

イベントの詳細は
Honjima StandのFacebookページをご確認くださいませ。
https://www.facebook.com/honjimastand/

次回は、大石さんの
・もぐり漁の様子
・もぐり漁の心得
・本ミル貝のオススメな食べ方

についてご紹介したいと思います!


本島さかな部 始動!!

本島大好きッコの米津です。
この度、Honjima Stand発祥で社会人サークルを開設しました。
その名も『本島さかな部』!!

『本島さかな部』とは?

とにかく魚が好き!島が好き!という方なら国内外問わず、誰でも加入できる社会人サークルです。2か月に1回のペースで魚にまつわるイベントを部員の皆で企画し、本島で楽しむことが主な活動内容です。

Honjima Standの若手2人(米津とたいちゃんシェフ)と本島に住んでいる漁師一家の娘さんの合計3人からはじまりました。

魚好きって言っても、どこからが魚好きなの?と思います。

求める人材
・魚を食べることが好きな人
・魚を獲るのが好きな人
・魚を見るのが好きな人

正直、今いる3人も魚は好きだけれどもたくさんの知識や知恵はもっていません。
ただ、これから魚に対する知識や知恵はこのサークルを通して皆で一緒に身につけたいと思っております。

▼第1回目のイベント

『魚のやさしいさばき方体験&魚パーティー』

テーマ:「魚をさばける人を増やそう!」

魚には興味あるけど、魚を触ったことない。さばいたことはない。という方
多いのではないでしょうか?

実際、米津もHonjima Standに来るまでは、魚を触ったこともさばいたこともなかったです。動画でさばき方をちらっとは見るものの、よく分からなくて。。ということがよくありました。

今回は、本島漁師さんの船にある網から好きな魚を獲り、Honjima Standのたいちゃんシェフに教わりながら、皆でいろんな魚をさばいてみよう!というイベントです。さばいた魚は刺身にしたりBBQにしたりとお酒を飲みながら食べれたらと思っております。

【日時】2月23日(日) 12:30~17:00

※丸亀からお越しの場合
12:10 丸亀港 出発 - 12:30本島港 到着
17:10本島港 出発 - 17:45丸亀港 到着

【場所】Honjima Stand (本島港から徒歩1分)

【参加費】2,000円~3,000円(当日に正確な金額が決定します)

▼入部方法

MAIL: honjima.sakanabu@gmail.com
または
Instagram: https://www.instagram.com/sakana_honjima/?hl=ja
Twitter: https://twitter.com/SHonjima のDMにて

上記までご連絡をいただければと思います。
入部後、専用のLINEグループに招待いたします。

質問もいつでも受け付けておりますので、
お気軽にお問合せいただければと思います!!

【スタッフコラム】#4 ~島ちゃんの自己紹介~

本島に通い始めてから、風邪を全くひかなくなったな~と思う米津です。
自然に囲まれ、よい空気に、おいしい食事。島は最高だなと、つくづく実感します。

今回はHonjima Standを語るには欠かせない存在
“島ちゃん”について、米津目線でご紹介いたします。

▼島ちゃんとは

・本島出身、本島住まい
・中学生の時にたのきんトリオが流行っていた。(マッチが好き)
・猫を溺愛している
・特技は折り紙
・好きな男性のタイプは細マッチョで少し怖げな人
・Honjima Standには、ほぼ毎日在中

島ちゃんは調理師免許を持っていることもあり、シェフの補助を中心にほぼ毎日Honjima Standにいます。毎日、大きな声で「おはようございます!!!」と言うだけで場の空気が明るくなり、いつも和ませてくださいます。

島ちゃんと言えば猫!!
家の中には2匹、外に2匹飼っています。いつも帰宅をすると猫と戯れるのが日課だそうです。しかし、最近は家の中で飼っている猫が脱走をするそう。。。
捕まえようと思っていても、なかなか捕まらず、、、
ただ、島なので数日すれば戻ってくるそうです。平和な島だなと感じます。

また、特技の折り紙はスタッフ一同ビックリ。

子供の頃にした折り紙とはまた違った、くす玉みたいなのを作るのが得意だそうです。テレビを見ながら3時間で60枚使って1つ完成するそうです。
先日、デンマークの学生が本島に来た際、こちらのくす玉をプレゼントしたところ、大変喜ばれました。

島ちゃんは家の近くで小さな畑をやっているという経験を活かし、
今後はHonjima Stand農園のリーダーとしても活躍します。
島ちゃん畑では野菜が大きく育たないので、Honjima Stand農園では大きな野菜を育てたいことが目標の1つだそう。
1時間ずっと畑を耕していても疲れないという体力をもっている島ちゃん。
米津もシェフも 目の玉が飛び出るぐらいビックリです。

Q:島ちゃんから見た本島の魅力は?

A:瀬戸大橋が見えのどかなところかな。あと島でいるとお金を使わないところです。強いて言うなら自動販売機で100円のココアかヨーグルト系のドリンクを買うことぐらいかな。

本島の観光スポット #2

本島大好きッ子の米津です。最近、朝晩はとても冷え込むようになりましたね。休みの日は、気温が上昇し始める9時頃にならないと起きない生活が続き、早く春にならないかな。。と思うこの頃です。

昨年、本島の観光スポットとの記事で笠島を紹介いたしました。
笠島のことについてはおおまかな内容しか触れていないので、今回は私が一番オススメするスポット“笠島町並み保存センター”についてご紹介します。

▼笠島まち並み保存センターとは

本島港から自転車で岡山方面に向かうこと約10分。
瀬戸大橋が見える海沿いを自転車で走っていると、一見違った雰囲気の集落が見えてきます。

笠島の町並みは中世に城が築かれ、城下町的な要素を持つ集落。
歴史的景観が良く残っていることから、周囲の丘陵部を含め約13.1haが国の重要伝統的建造物群保存地区に認定されました。
200年前~100年前の町屋建築が今もなお残っております。

そんな町屋建築を代表する建物が
笠島まち並保存センターである真木邸。

塩飽諸島を統治する年寄を務めていた真木家の邸宅で、190年前(江戸期)の建物です。ナマコ壁をあしらった土壁が印象的で低い土蔵と相まって素晴らしい景観を作り出しております。

中に入ると、江戸期から明治期に生活していただろうものがたくさん残っております。玄関にはニワと呼ばれる土間があり、奥には竃神を祀る大釜と普段使用するかまどを持つカマバがあります。

奥には現在も生活用水として使っている井戸が残っております。

私は井戸を使ったのが初めてだったのですが、非常に重かったです。
今の時代は同じ水を運ぶにも瞬殺でできると考えると、この150年ぐらいで急速に世の中は変わったのだな。としみじみ感じます。

2階(屋根裏)に上がると、照明器具や物入、小物、雑貨と様々なものを展示しております。

一番印象に残ったのは1人用のこたつ。今の時代、家にある方は非常に少ないのではないでしょうか。床下に収納して使用するそうです。また、クルクルと回転もします。他にも船の形をした煙草盆も。塩飽大工が遊び心で作られたみたいです。

笠島の町並み保存センターの解説は、館長さんやスタッフさんが丁寧にしてくださいます。話を聞いているうちに、まるで江戸時代にタイムスリップをしたような感覚になります。新しい発見がたくさんある笠まち並保存センターです。

▼笠島まち並保存センター 見学のご案内

【開館時間】午前9時~午後4時
【休館日】 月曜日
※ただし1月4日から2月末日までは土曜日・日曜日及び休日のみ開館
【観覧料】 大人200円 小人100円
【連絡先】 笠島まち並保存センター   0877-27-3828
      丸亀市役所本島市民センター 0877-27-3222

1月・2月は土日祝日のみの開館となっておりますので、ご注意ください。
その他にも本島観光スポットはまだまだございます!
次回は、“塩飽勤番所”について綴りたいと思います。


本島のアクセスについて

本島へのアクセス

本島へは香川県の丸亀市、岡山県倉敷市児島町と2つの町からアクセスできます。
瀬戸大橋が開通していない30年前は児島⇒本島⇒丸亀と、船で四国へ上陸する通過点として本島の名を馳せておりました。
港は丸亀も児島もJRの駅から徒歩5~7分ととても便利なのもおすすめポイント!

◼丸亀港=本島港

丸亀港からフェリーで35分、高速船で20分
1日8往復 片道550円(往復1,050円)

自転車や車を積む料金などの詳細は本島汽船のHPをご確認ください
https://honjima-kisen.com/

■丸亀港周辺駐車場

①丸亀市営港駐車場

http://marugame-parking.com/facility/minato/
〈料金〉
普通車: 30分毎100円 (6:00~22:00 最大金額1,000円)
大型バス:8:00~18:00 30分毎300円  18:00~翌8:00  1回につき2,000円

最大料金 昼間(6~22時)1000円/夜間(22~翌6時)400円

②丸亀市福島町駐車場

〈料金〉
普通車:30分毎100円 最大料金24時間500円

◼丸亀港=児島観光港

丸亀港からフェリーで約30分。
1日4往復 大人片道650円 (往復1,230円)
※無料専用駐車場付き

その他、詳細はむくじ丸海運有限会社のHPにてご確認ください →http://mukujimaru.co.jp/teikisen.html