出張 Honjima Stand in 表参道を終えて

こんにちは。本島大好きッ子の米津です。
久しぶりに東京へ行き、日本には人がこんなにもたくさんいるのか~。
と、つくづく驚かされた先日です。

2/13~15、東京の表参道にあるフリッツハンセン日本支社のショールームにて
昨年、瀬戸内国際芸術祭2019の期間限定でオープンしていた“フリッツ・ハンセン庵”を体験できるエキシビションを行いました。

▼フリッツハンセン庵とは

本島の歴史ある町並み“笠島”地区にある空き家をリノベーションして、北欧のインテリアブランド“フリッツハンセン”の家具や小物でフルコーディネイトをした無料休憩所。数々の雑誌にも取り上げていただき、大好評で閉幕をした。
https://casabrutus.com/design/119806

3日間で300人を超える方々にお越しいただきました。
お越しくださった皆様、ありがとうございます!

「フリッツ・ハンセン庵、気になっていたけど本島まではなかなか行けなくて。。」
「東京の青山で香川のことをPRしているみたい!」
といったきっかけの方が多くいらしてくださいました。

フリッツ・ハンセン庵の写真と実際にディスプレイしていた家具と小物で
日本家屋×北欧家具を感じる空間。
コケエッグ・コケボールに加え、コケの壁も!
コケの香り(磯の香)も漂ってました。

本島に住んでいる方々の写真や本島の干しだこも一緒に飾り
まるで本島にいるようなショールーム。

高級ブランドショップが立ち並んでいる青山・表参道の一角に
瀬戸内、本島の風を感じれる空間を演出しました。

本島の漁師さんに教わった。本島干し蛸。


フリッツハンセン庵についてのトークショー。

Honjima Standでは夕方の時間に
島の食材を島から持ってき“本ミル貝”や“たいらぎ貝”を使った
軽食を6種類と丸亀の地ビールや本島本鷹を使用したスパイスジンジャエールを振舞いました。本島の空気感と一緒に、本島の食の魅力も伝えられたと思っております。


中でも一番人気は本島タコのコンフィ。オリーブオイルで約4時間煮込んでいるのでとっても柔らかい!

本ミル貝は普段、都心の高級料亭や高級お寿司屋さんでしか召し上がることが
できないため、「本ミル貝ってどんな貝!?」と質問をたくさんいただきました。
水深30mまで潜って手で獲っている潜水士さんのお話や本ミル貝がいかに高級で希少性が高いか、についてお話をすることができ、お客様は驚きの連続だったことと思います。

別記事で詳細はアップしますが、本島本ミル貝の全国通販も期間限定で始まりますので、食べてみたい!という方はこの機会にご賞味いただければと思います。

2020年は今回の出張 in 表参道を始め、全国各地回る予定です!
次回は3月14日(土)のロハスパーク@高松にてマルシェ出店をします。

本島の観光スポット #3

本島は周囲約16㌔という小さな島にも関わらず、神社・仏閣が非常に多く、語り継がれている歴史が非常に深いところとして知られてます。
その歴史や文化を知れば知るほど、本島の凄さに驚かされる米津です。
今回は塩飽本島を訪れたら、是非、立ち寄ってほしい“塩飽勤番所”についてご紹介したいと思います。

本島港について徒歩約10分。本島中学校・小学校を通りすぎたら見えてきます。


▼塩飽勤番所とは

1797年~1970年まで塩飽全島の政治が行われていた場所。
将軍様より朱印状(朱肉で印判を押した大切な書き物)をいただいて、自治領となりました。

塩飽諸島は江戸時代に人名(にんみょう)と呼ばれる
幕府の御用船方の集まりによって自治が許されており、その中から選ばれた4人の年寄(トップの方)がこの勤番所において政務(島務)を行った。島務は、はじめごろ年寄りの自宅で行われたが、寛政9年(1797年)にこちらの勤番所で行うようになりました。

勤番所と呼ばれる建物は、全国でここだけしか残っていない貴重な歴史遺産です。
昭和45年6月に国の重要史跡に指定され、現在は塩飽水軍・本島の歴史の資料館として本島観光の目玉となっております。

↑本館

館内には織田信長・豊臣秀吉・徳川家康らの朱印状、名奉行として知られた大丘越前守の漁場の裁許書、日本人の手によってはじめて太平洋を横断した咸臨丸乗組員の遺産など、塩飽の歴史を物語る史料が展示されております。

↑こちらの倉庫の中に信長・秀吉・家康らが発行した朱印状を納めている。
↑供部屋

現在は、昭和57年に天皇陛下が学生の頃に本島をご訪問になり、塩飽水軍の歴史のご研修された際の写真を展示しております。

↑牢屋跡

服役をさせるには当時は大阪に送る為、ここでは取り調べのみ留置していました。現在はほっと一息できる休憩所となっております。勤番所に勤めているお姉さまがお茶を振る舞ってくださいますよ。

▼建物の魅力

⑴入口にある階段

お隣の島“広島”で採石された石を使用しております。全長4.7m。こちらの石は1797年に勤番所ができたときからずっとこのままです。当時の方はこちらの石をトラックなしで山から運んだと考えると、素晴らしいな。。。とつくづく感動します。
ちなみに、塩飽諸島は石に関して全国的にも有名で石の島として日本遺産に昨年登録されました。本島やお隣の広島の石は江戸城にも使用されております。

⑵屋根瓦

実は、塩飽勤番所は京都文化の流行りを本島に取り入れています。
本島は幕府の直轄地だったので、文化的な繋がりも中央の京都とあったことと見受けられます。
その特徴の1つとして“起り屋根(むくり屋根)”
内側に彎曲していて、低姿勢や丁寧さを表現しております。現在は全国でも京都ぐらいしか見受けられない日本独特の建築様式です。

▼基本情報

【営業時間】9:00~16:00

【定休日】月曜日・年末年始(12/29~1/3)
※月曜日が祝日の場合はその翌日

【入場料】大人(高校生以上):200円 子供(小・中学生):100円
※団体(20人以上)は2割引

【連絡先】丸亀市役所 本島市民センター ℡0877-27-3222

本島名産品“本ミル貝” #4 ~オススメレシピ~

こんにちはHonjima stand シェフの岩井です。

前回は”本ミル貝の捌き方”を紹介させて頂いたので
今回は本ミル貝の調理法についてです!

本ミル貝の特徴といえば
1.生はとっても甘味があり貝の旨味がしっかり感じれる

2.加熱すると硬くなる

3.ヒモの部分の柔らかさ

そこで今回は本ミル貝を部位ごとに分けて3つのレシピをご紹介!

————————–
①本ミル貝の身を使った湯引きはりはりサラダ
————————–

材料4人分
・本ミル貝 2つ
・人参 1/2本
・大根 1/4本
・水菜 1束

〈ドレッシング〉
・りんご酢  大さじ1
・白入りゴマ 大さじ1
・マスタード 小さじ1
・塩胡椒   適量
・サラダ油  大さじ4

1.人参大根を6cm幅に切りマッチ棒の太さに切り揃える

2.水菜も6cm幅に切り1の食材と一緒に水に浸しておく

3.本ミル貝を軽く湯に潜らせ、5mm幅に刻む。

4.ドレッシングの材料を全てミキサーにかける

5.野菜にドレッシングを和え、最後に本ミル貝を散らして完成。
《 point 》
湯に潜らせるのは少しの方が半生で甘みを感じれる。

————————–
②本ミル貝の内臓と鯛のあら煮
————————–

材料 4人分        下処理

・本ミルの内臓 2つ    湯引き
・鯛の頭    2つ    湯引き
・ゴボウ    1本    3cmに切り10分水に浸す
・生姜     1つ    皮付きで2mm幅に切る
・酒      120ml
・水      100ml
・みりん    大さじ3
・砂糖     大さじ3
・醤油     大さじ3
仕上げ
・みりん    大さじ1

1.酒と水を煮切り生姜、鯛のあら、ゴボウを入れ落とし蓋をして5分煮る
また、アクが出れば取り除く。

2.砂糖みりんを入れ10分煮る

3.醤油を入れ1/3になるまで煮詰め最後に仕上げのみりんと
本ミル貝の内臓を入れて1煮立ちさせる。

《 point 》
貝の内臓の旨味と鯛の旨味が絶妙においしい! 

————————–
③本ミル貝の紐を使った干しヒモ
————————–

材料

・本ミル貝のヒモ 2つ
・水 500 ml
・塩 30g
・醤油      50cc
・酒       50cc

1.塩水を作り沸騰させる

2.貝ヒモをいれて1煮立ちさせてとりだし、
 醤油、酒とヒモを別鍋にいれ1煮立ちさせる

3.取り出して網やザルで天日干し1〜3日したら完成!

いかがでしたか?
最後の干しヒモは少し味を薄めて熱燗に入れて80度まで温めて作る《ヒモ熱燗》もオススメです!

なんだか最後、僕の呑んべえさもバレてしまいましたが
是非皆様もお試しあれ〜!

2月~5月のイベント情報

本島大好きッ子の米津です。本島に通い始めてそろそろ1年。
毎日本島に来ても飽きない、癒されるな~。と思える本島です。

今年のHonjima Standは様々なイベントを控えております!
島だけにとどまらず、積極的に県内外に出向く予定です。

今回は、2020年2月~5月まで決定しているイベントについて
情報公開いたします。

▼2/8(土) 16:30~19:00  小料理屋 ~さなえ×かすみ~
月に1回の夜営業、この日は岡山から着物で通っているさなえさんと本島の漁師さん、かすみさんによる料理&温かいお話をお届けするイベント。
【場所】Honjima Stand

▼2/13(木)~15(金) 11:00~18:00
出張in TOKYO
【場所】東京都港区南青山6−8−18 リヒトハウス
フリッツ・ハンセン日本支社にて
【詳細】 https://www.facebook.com/events/456799201872141/?event_time_id=456799205205474

▼2/23(日) 12:30~17:00
本島さかな部「魚のやさしいさばき方体験&魚パーティー」
魚好き、島好きが集まる社会人サークル “本島さかな部”によるイベントです。
部員だったら誰でも参加OK!入部希望の方はHonjima Standの米津までご連絡をいただければと思います。
【場所】Honjima Stand

▼3/14(土) マルシェ出店 10:00~15:00
ロハスパーク@高松  https://lohas-park.jp/event/kiji743/
Honjima Standでは本ミル貝のスープをお届けします。
【場所】サンポート高松 大広場にて

▼3/15(日) 
本島マイペースマラソン(11:30~14:00)&
1日限り!本島おいしい広場オープン(14:00~19:00)
Honjima Standはもちろんのこと、本島で飲食をされている方や本島に興味がある方が集まり、様々な料理やドリンクを振舞います。詳細は決まり次第アップします。
【場所】Honjima Stand&本島パークセンター前

▼5/3(日) マルシェ出店
ロハスパーク姫路@大手前公園  https://lohas-park.jp/event/kiji827/
【場所】兵庫県姫路城 大手前公園

その他にも4月・5月にイベントやマルシェ出店を控えております。
本島の食を中心に、本島の風を様々なところでお届けしますので
是非、覗きに来てみてください~。

※2/4(火)時点のイベント情報です。
詳細に関してはお気軽にお問合せくださいませ。

▼お問合せ
℡070-2301-5862
または
Instagram: https://www.instagram.com/honjima_stand/?hl=ja

Facebook: https://www.facebook.com/honjimastand/
のDMにていつでも承っております。

本島名産品“本ミル貝” #3 ~さばき方~

こんにちはhonjima stand シェフの岩井です。

突然ですが本島で盛んな『潜り漁』が先日解禁されたことをご存知でしょうか!

そんな『潜り漁』で主にとれるのは “タイラギ貝” “本ミル貝” などなど。

そこで今回は有名な一流料亭くらいしかお目にかからない食材、“本ミル貝”について取り上げたいと思います!!

正直なところ僕も本島で働くまで触ったことも見たこともありませんでした。
そんな僕に地元の漁師さんに捌き方を優しく教えて頂いたのでその捌き方を紹介しようと思います。

〔殻のはずし方〕
1.まず左手に貝、右手に小さめの包丁を持つ。

2.○の部分が少し楕円を描いているのでそれに沿って
包丁を入れ切り込みを入れる。

3.そのまま貝殻にそって包丁を一周入れる。

4.もしこれで外れないなら、貝柱がしっかりついているので貝柱を包丁でこそげ落とす。

5.すると内臓と身に分かれる!!

〔身と内臓の掃除の仕方〕
1.まず内臓の部分を手で引き抜く

2.身の黒い部分(藻)をこそげ落とす。
(包丁、手で剥く色々試してみましたが一番スプーンを使うのがおすすめです!)

3.最後に身の方は包丁で開いて塩水でよく洗う。

以上です!!

水管・貝紐・内臓と3つの部位に分かれます。


下処理が難しそうって思われる方も多いと思いますが案外簡単な作りで、やってみると楽しいですよー! 是非お試し下さい!